ホーム > 事務所案内
高い実績にマスコミ各誌も注目
その理由は、綿密な戦略にあり

代表者あいさつ

代表

「離婚をしたいのに、裁判で提示できる証拠がない」
「生活保護を受けているので、親権が認められないのでは」

そのような悩みをお持ちの方は、「銀座ウィザード法律事務所」が責任を持って解決いたします。なぜなら、豊富な実績により、さまざまなケースに応じた「落としどころがある」と確信しているからです。

調停や裁判結果は、必ず「人の判断」によって下されます。機械などによって自動的に決まるものではないのです。言い換えるなら、「関係者のさまざまな思惑を、こちらの意図通りに誘導できれば、おのずと勝ちが見えてくる」ことになります。そのために、司法のプロである弁護士をご活用ください。

私は静岡県の浜松市で生まれ、学生時代はブラスバンドに熱中していました。つらい悩みや悲しい気持ちを持った人でも、音楽を聴くと、感動したり心が晴れやかになったりします。そんな音の持つ魔力に、強い関心があったのです。

やがて、進学先を決める段階になると、「人に喜んでもらえることを自分の職業にしよう」という気持ちがますます大きくなりました。一時はエンターテイナーへの道も考えましたが、将来への不安はぬぐえません。そのようなとき、「弁護士なら困っている人の役に立てる」と気付いたのです。

中央大学法学部に進学すると、そこには数多くの法曹研究会がありました。中には、実際の弁護士事務所へ見学に行き、先生方と一緒にお酒を酌み交わすような活動をしているところも。そうした中、

「弁護士っていうのはな、依頼人と一緒に泣いたり笑ったりできる唯一の職業だ」

と、熱く語っていた先生がいました。後に私が師事することになる白谷大吉先生です。自分の仕事がダイレクトに伝わり、しかもお客さんが喜んでくれる。まさに弁護士は、自分の天職に思えました。

白谷先生の事務所「豊島法律事務所」にお世話になった当時は、離婚事件を積極的に扱う弁護士が少なく、どちらかというと人気のない分野でした。それだけに、ほかの事務所で断られるケースが多く、問い合わせ自体は頻繁にあったように思います。

「自分のような者でも頼ってくれる人がいる、ぜひ、その人の力になりたい」。そんな気持ちから依頼を受けているうちに、いつの間にか10年以上がたち、離婚を成立させられるノウハウのようなものが蓄積されてきました。

そこで2014年の4月、新たに「銀座ウィザード法律事務所」を設立。事務所名の「ウィザード」には、「魔法のように解決できること」や、IT分野などで使われている「エキスパート」の意味が込められています。悩んでいるだけでは、何も解決しません。初回の場合、無料相談もご用意していますので、ぜひお問い合わせください。

銀座ウィザード法律事務所
弁護士 小野 智彦(おの・ともひこ)

経歴紹介

1991年 中央大学法学部法律学科卒業
1999年 弁護士登録
 同年   巣鴨の「豊島法律事務所」勤務
2014年 「銀座ウィザード法律事務所」開設

所属・資格

・エンターテイメント・ロイヤーズ・ネットワーク(ELN)会員
・東京弁護士会クレ・サラ法律相談員
・法テラスDV.セクハラ相談員
・法テラス登録相談員
・世田谷区、板橋区登録弁護士
・元東京弁護士会消費者特別問題委員会委員
・元法の華被害対策弁護団
・元東京弁護士会外国人法律相談員
・元中央大学法職講座専任講師

趣味

・人に喜んでもらうこと
・手品、フルート演奏、手相鑑定など

弁護士に相談しているが、ほかの先生の話も聞いてみたい方へ

弁護士に相談しているが、ほかの先生の話も聞いてみたい方へ

「証拠がなく、動機も薄いので、相手にしてくれない」
「法律の話ばかりで、親身になってくれない」

当事務所を訪れる方の中には、そのようなご不満を感じていらっしゃる方が、少なくありません。「木を見て森を見ず」ということわざがありますが、私は依頼人の心のケアこそが、最も大切なことだと感じています。

例えば、先方の弁護士から厳しい内容の通達が送られてきたとします。しかし法的に見れば、たいした内容ではないケースもあるのです。そんなとき一言、「心配ないですよ」と声をかけてあげるだけで、依頼人の負担は軽くなるでしょう。最初に信頼関係が築けてこそ、プライベートなことや話しづらいことでも打ち明けてくれる。そこに、解決の糸口が埋もれていることだってあるのです。

依頼人の話の中には、冒頭と終わりが一貫していないケースがよくあります。また、将来のリスクについて本人が気付いていない場合もあります。したがって、「話の腰を折らずに、最後まで聞く」ことが重要。みだりに早合点してしまうと、合意すべきポイントがずれ、協働姿勢が築けません。

また、精神的な被害については、確たる証拠をそろえにくいものです。無理に慰謝料請求をしても、裁判で認められない場合があります。それならば、同程度の金額を、「別れて”あげる”ことの解決金」として請求してみませんか。それを認めさせ、具体的な結果を出すのが、プロの仕事です。

弁護士への相談を迷っている方へ

弁護士への相談を迷っている方へ

「弁護士に相談するレベルじゃない」
「もう少し、気持ちが整理できてから相談しよう」

弁護士事務所に敷居の高さを感じている方が多いと思います。しかし、悩みを人に話すことで、自分の論点も整理できるのではないでしょうか。法律で解決できる場合はもちろん、その必要がないことに気付くかもしれません。当事務所は、それでも構わないと考えています。健康診断で「異常がない」ことを実感するのと同様、法律相談で「日常生活に支障がない」ことを確認するのも、ひとつの成果です。

悩みのレベルは、依頼人固有の問題です。法律家が決めるものではありません。その悩みを解決することが、私たちの仕事なのです。ですから、レベルで迷うようなことは今すぐやめて、解決へのステップを踏み出しましょう。当事務所が全力でサポートします。

事務所情報

住所〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-13
VORT銀座604
電話番号03-6228-7201(代表)

アクセス

・JR をご利用の場合
有楽町駅(京橋口) より徒歩約8分

・東京メトロ各線をご利用の場合
有楽町線 銀座一丁目駅(10番出口) より徒歩約2分
銀座線 京橋駅(1番、または2番出口) より徒歩約3分
都営浅草線 宝町駅(A3出口) より徒歩約3分
丸ノ内線 銀座駅(A13番出口)より徒歩約4分
日比谷線 東銀座駅(A8番出口) より徒歩約5分

受付時間

平日9:00~ 18:00 
 代表番号 03-6228-7201


平日18:00以降~深夜および 土, 日, 祝日
 緊急用番号 080-2374-1061


お問い合わせ 詳しくはこちら