ホーム > 女性の離婚

女性の離婚

「今の生活に耐えられない」
離婚の動機は、それだけで十分です

良くある相談

良くある相談

「夫からののしられる、精神的な苦痛を受けている」
「生活費を一方的に切り詰められ、貯金を切り崩すしかない」
「長年夫の浮気を耐えてきたら、自分にも相手が現れた」

夫婦間のトラブルは、何も暴力だけではありません。精神的や経済的な被害も、離婚事由の大きな要因となってきました。また、離婚したい理由が女性側にある場合も少なくありません。そのような中で、金銭的な保証だけを目的とすると、離婚そのものが成立しにくくなるケースがあります。

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

当事務所では、慰謝料請求が困難な場合でも、考えられる限りの着地点をご提示します。その中から、納得のいくゴールを選び、確実な成果を勝ち取っていきましょう。そのまま泣き寝入りをせず、「悩みとは無縁の生活を送る」ことを目標とし、新たな門出を迎えるのもひとつの方法です。

また、モラルハラスメントなどは、録音でもしていない限り、証拠を提示しにくいといった特徴があります。このようなケースでは、精神的苦痛を軸に係争するよりも「性格の不一致」に切り替えた方が、後々スムーズに進めることができます。解決へ向けて何が必要なのかを明らかにすることが、弁護士事務所の役割といえるでしょう。

浮気について

浮気について

もしかしたら、夫が浮気をしているかもしれない。
このような場合、探偵社などに素行調査を依頼するケースがありますが、それは証拠を固めるためのプロセスに過ぎません。離婚をまとめたいとお考えであれば、弁護士事務所に依頼するのが近道です。

仮に女性側に非があったとしても、男性側を「別れる気にさせる」ことで、慰謝料の支払いを減額することも可能です。日常生活上の常識と法律解釈は得てして異なります。自分に有利となるように相手側を動かせば、そこに解決の糸口が現れるのです。

お問い合わせ 詳しくはこちら