ホーム > 離婚と子ども

離婚と子ども

第一に考えたいのは、お子様のケア
体裁や建前よりも、根本の解決を重視します

よくある問題

よくある問題

「自分の子どもを相手から引き取りたい」
「別れてしまった子どもに、定期的に会いたい」
「跡継ぎがいないので、長男だけでも引き取れないか」

成年に達しない子どもは、両親の親権に服する義務があります。しかし親が離婚してしまうと、それぞれに確認を取ることが比較的難しくなってしまいます。そこで、離婚した場合は、いずれか一方の親だけに親権を認める必要が生じるのです。

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

裁判所は、複数の兄弟がいる場合、分離させないことを優先する傾向にあるようです。したがって、父・母いずれか一方に親権を認めます。一般的には母親が有利とされていますが、当事務所では、父親であっても親権が獲得できる戦略を立てて、係争に望みます。

親権は多くの場合、離婚の協議と平行して争われますが、すべてを同時進行しようとすると長期化する傾向にあります。まずは離婚問題を優先し、その後に親権に取り組むのが、早期可決のカギとなります。お子様を親同士の争いに巻き込まず、安定した生活をいち早く始めるためにも、弁護士事務所を活用してください。

親権について

親権について

離婚の原因が自分にあったり、経済力がなかったりすると、親権を獲得できないと思われるかもしれません。しかし、親同士の利害調整と、親子間の義務権利は、全くの別問題です。両者を個別に扱うことにより、親権の獲得を有利に導きます。

監護権について

監護権について

監護権とは、親権の一部で、簡単に言うと「子どもの世話をする」権利義務のことを指します。通常は親権者に属しますが、既成事実を優先し、現状維持で認められることが多いようです。親権を獲得するためには、下部の概念である監護権にこだわりすぎない方が、有利に進められる場合があります。

お問い合わせ 詳しくはこちら